忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

2013年度4年白石ゼミ

武蔵野美術大学 造形学部 デザイン情報学科 2013年度 4年白石ゼミ ゼミ記録と連絡のためのブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019年 08月 25日|comment(-)

D21 森山

前回のゼミで先生に相談した結果、パノラマボックスでとりあえす進めることが決定したので、“どのようなパノラマボックスを作るのか”と、説得力を持って“なぜパノラマボックスを作ることにしたのか”を説明できるように考えていました。
とりあえず今は仮の段階ですが…。

『不快になる魅力的な作品の研究』
例:松井冬子(日本画)、エドワード・ゴーリー(絵本)、弦月(小説)etc…




見たり読んだりして結果的に不快な感情を抱くのに、なんだかすきな作品や実際に世間から評価されている作品が世の中にはたくさんあって、どうしてなのだろうと疑問を持った。
その作品に入り込んで、感情移入できるからこそ不快な気持ちになるれるのでは?と考え、パノラマボックスという絵本よりも半立体でより世界観に入り込める作品を作ってみることにする。

作品案

・アパートのような外観の大きなパノラマボックスを作る
・窓から部屋の中をのぞける
・住人たちが各々の部屋で殺されている
・ストーリーを文章では伝えないが、部屋を順にのぞいていくと窓をのぞいている自分(作品を見る人)が殺してしまったのでは…?と思わせるような、うっすらしたストーリーは作りたい

拍手[0回]

D21 森山

前々回からいろいろと考えを練ってみて、案のひとつであった雑貨はアイディアを何点か出してみたのですが、自分の技術で作るのはどうしても難しいなぁと思うものがいくつもできてしまって断念しました。

それから自分が卒制でしたいことは紙じゃないものに絵を描いて、ストーリーみたいなものを伝えることだなと改めて思ったので、引き続きパノラマボックスと、雑貨から発展させて傘の展示の案も出してみました。



雑貨の案のひとつであったビニール傘にイラストを書いて、傘から景色を見る案。
それを何本も制作して、人魚姫などの海や水が舞台になる物語を作る(1ページを傘1本として)。

拍手[0回]

D21 森山

【テーマ1】
パノラマボックスで物語を伝える

【テーマの方程式】
“展示を見る人を物語の世界へ入り込ませることを目的として、絵を重ね合わせて半立体にする方法で、パノラマボックスを制作する”

パノラマボックスの小さい箱をひとつひとつ覗いていくことで、展示を見る人が物語の世界を覗き込むような感覚になれたらいいと考えています。当初の想定と変わらず15㎝立方程度のものを作りたいです。
前回のゼミで先生から題材にする物語によって、“なぜ覗き込ませたいのか”納得できるというお話を聞いたので、既存の童話で『おやゆび姫』など小さな世界が舞台になっているものを使いたいなと考えています。
現在いい題材になる童話を探し中です。見つからなかった場合は自分でストーリを考えようかとも思っています。
展示の方法は図のような感じで。



【テーマ2】
夢見がちな雑貨

【テーマの方程式】
“使うことによって現実世界から少しだけ離れることを目的として、イラストを描き込む方法で、雑貨を制作する”

統一感のある雑貨を何点か提案し、雑貨屋さんのような展示をしたいと考えています。
これはパノラマボックスの保険のアイディア的なものなのでまだ全然固まっていないですが、現時点での具体的な雑貨の構想はふたつ。
ひとつめは魚柄のビニール傘で、雨が降ったときに傘越しからの視界が海の中のようになる。
ふたつめは底に夜空や青空が描かれたティーカップで、星や雲を飲み干すようなイメージ。
それらの雑貨を使用することで、少しだけ現実世界から逃避できるような雑貨をコンセプトに制作していきたいと考えています。

拍手[1回]

↑page top↑