忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

2013年度4年白石ゼミ

武蔵野美術大学 造形学部 デザイン情報学科 2013年度 4年白石ゼミ ゼミ記録と連絡のためのブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019年 06月 17日|comment(-)

B 14 後藤

・チラシについて
前回よりちょっと詳しく




・ゆるキャラについて
①オリジナルのゆるキャラを作る
②日本の(平均の)ゆるキャラを作る

拍手[0回]

B 14 後藤夏希


▲ご当地キャラ
ご当地キャラは地域活性化などで近年増加してきている。
しかし、一方的な地域のアプローチよりも自分の思い出とともに親しめるキャラクターの存在が必要ではないかと考えた。
全国のご当地キャラ(ゆるきゃら)の所持アイテムやモチーフにした名産物などをリサーチしまとめる。
それらをリサーチした上でオリジナルのご当地キャラを制作する。
またそれらを使用しオリジナルのキャラクターを作れるサイト(アプリ)を制作する。

例)青森県生まれで 静岡の大学に行き 鹿児島に初めて旅行した思い出がある人が作るオリジナルキャラクター




▲チラシ(広告)の研究
スーパー、ドラッグストア、ホームセンター等のチラシはデジタル化が進んでもいまだに紙媒体が主となっている。地方によって異なるチラシの研究を行い、色や文字、コピーなどの多数の情報が入っているチラシを素材として扱う。
またその素材からオリジナルのチラシを制作できるようにする。

例) 仏壇のチラシ 値段やコピーなどを分解させる 文字の後ろにある色や形なども素材としてピックアップする

 

拍手[2回]

↑page top↑