忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

2013年度4年白石ゼミ

武蔵野美術大学 造形学部 デザイン情報学科 2013年度 4年白石ゼミ ゼミ記録と連絡のためのブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018年 09月 20日|comment(-)

実験しました

ランタンを購入し、壁にできる陰の写り込みを実験しました。

 


拍手[1回]

ココから続き

【展示や本のサイズ設定】




【実験の様子】
設定通りの状況を作り、壁一面分だけを使って陰の映り具合を見てみました。









【ランタン】
発光の様子が写真では昼白色に見えますが実際は電球色です。
今回使用したランタンは、カバーが電球周りにあるので全体的に壁に映る影は少しボヤけた印象になりました。

ただ、裸電球の状態にできるランタンもあるのですが、直接光りをあてた場合、陰は鮮明に映る変わりに天井にも光があたってしまうことと、展示する際に電球を直視する状況はなかなか厳しいかなぁと思いました。


次回は、色付き半透明の紙を使った実験や実際に本の状態から飛び出す仕組みを考えたいと思います。
PR

コメント

Commentを書く

name
URL
Subject
Comment
pass     非公開(管理人のみ閲覧可)にする
↑page top↑