忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

2013年度4年白石ゼミ

武蔵野美術大学 造形学部 デザイン情報学科 2013年度 4年白石ゼミ ゼミ記録と連絡のためのブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018年 10月 16日|comment(-)

c20 中村 優生



「ミニチュア_プロジェクション」のテスト用プログラム

ミニチュアの中からプロジェクションし、立体の中の世界を歩き回る為のプログラム試作です。

今後の実験次第で、プロジェクションから鏡をモーターで動かし反射させる方向になるかもしれません。





それとは別に「音の現象、現象の音」を制作中です。

音とは何かの現象、行為、動き、変化があったときに現れるものである。

現代シンセサイザーが現れて、現象の無い音が生まれている。
それは逆に言えば、今まで存在しない現象の音を表す事ができるかもしれない。

音→現象
現象→音

それらのあたらしい現象、音を組み合わせたオーケストラの制作を目指しています。


主にPure dataで音を作り、arduino、モータ等で現象を起こすモノをつくる予定

拍手[0回]

PR

コメント

Commentを書く

name
URL
Subject
Comment
pass     非公開(管理人のみ閲覧可)にする
↑page top↑